スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓流映画、海外で「寒流」!

ssh_nikki_00_01.jpg

韓流ブームって?面白い記事見つけた。 中央日報より
これは、韓国の記者から見た「韓流」と言う事です。
 大衆文化を担当しながら寒流スターと一緒に同行取材する機会が何回与えられました.良い記憶,そして新しい経験をして行きながら韓国芸能人たちが国際化されて行くことを感じることができました。

 ところで、最近こんな韓国の「韓流」の人気が、下がってきているという話がある。本当にそうなのか? 原因を捜してみました。
 まず、日本と中国を含めた韓流の震源地での反韓国類,嫌韓類が多い。
それではなぜ?
韓流スターたちプライドの高さと費用上昇など反感要因が作用したからだというので。また、韓流スターたちが現地に相応しいコンテンツを持続的に供給することができなかった理由もあると分析しています。

それでは、韓流市場を広げる方法はないか?

自称、他称、韓流スターと言われる人達は、各特色あるそれなりのマーケティング戦略と商品を開発しています。

最近、除隊して復帰したソン・スンホン!
軍免除を受けるために、違法行為をしたという理由で特定ファンを除いて国内では、排他的なアンチグループができたスターです。
 しかし、日本の場合こんな理由にもかかわらず人気をずっと維持していました。確かに韓国の軍服務問題が日本ファンにソン・スンホンさんの人気を引き下す役目をしなかったからです。
 ソン・スンホン側が入隊中にしたことは、韓国と日本のマスコミに自分の存在を露出させようとするのでした。良い記事、悪い記事、何でもまずファンと市場に自分を露出させるネガティブ戦略を取り入れたのでした。どんな風に見せれば韓国の排他的な顧客を排除したまま、日本の特定購買層など自分に友好的な特定層を積極攻略するための方法と見えます。
 日本側の同情世論と、ともにまた芸能界復帰するという内容の資料とすぐつながった日本ファンサイン会(ファンミ) などで復帰申告を派手にやりました。

グァン・サンウさんの場合!
台湾とフィリピンなどで、ファン合コンとともに貧民層家作ってくれる行事をするなど共益マーケティングを取り入れました。特に、個人がしにくいチャリティーに資本調逹のなだらかさをために自分が広告モデルに起用された、某化粧品ブランドと手を握って自分の純粋な(?) 男性のイメージで市場を攻略しようとする意志が引き立ちました。
 しか、ここで申し上げたい事は、これらの行為がお金儲けになるという事です。

 日本の場合、ドラマ「冬ソナ」でベ・ヨンジュンシンドロームができたし,ベ・ヨンジュン側は絶え間なく 「ベ・ヨンジュンイメージ」を開発して、これを利用した商品を開発して大当りをしました。遠回り賞状を通じて財閥班列に上がったスターになったりしました。

 それに、韓流ブームを維持するために神秘主義と制限された行事にだけ参加するなど、イメージ管理に絶え間ない努力をしながらマーケティングのためには済州島寒流エキスポを主導するなど、自分の強点を特定ターゲット顧客に品物を売っています。
 しかし、他の韓流スターと言われるスター達は、自分たちのマーケティング対象が誰でどこなのかさえ把握ができない場合もあまたあります。

 それでは、市場攻略方法に対して一つ提案をしてみます。日本では、韓国の音楽として、韓ドラのOSTや韓国の歌手が知られたことは、多くないです。
 我が国のBoAを除いたハイティーンやアイドルスターたちが、日本で力をつくすことができないことは、購買層である 30-50代の間の女性顧客層を攻略することができないからです。
 最近、CD産業は、インターネットによって沈滞一路にあります。しかし、日本の例えばインターネットに慣れることができなかった 30-50代の女性たちはまだアルバム市場の株需要層で席を取っていることが分かります。
 したがって、日本に進出しようとする場合、現地化戦略が必要である。「演歌」と類似のトロットに、略する戦略を立てることも望ましいということが専門家たちの話です。
 また、現地で活動中の韓国トロット歌手が多くの人いてそれなりに実利ある活動をしているというのです.(ここでジレンマはお金をたくさん儲けているかは確認にならないという点です.)

中国の場合イ・スマン SMエンターテイメント引っ越しは現地の歌手やタレントを韓国で成長させて再輸出して市場を攻略する方案を具体的に提示したりしました.また 10代を攻略するポイントでゲームが浮び上がっているのにこれを利用した文化電波が成り立たなければなりません.

ゲームに対する需要が高いだけでなく国内オンライン及び PCゲームの水準が高くて需要が日々に増加しているということが強点です.PS2 位コンソルゲなので世界に文化浸透に成功した日本と肩を比べるに値する文化電波が可能な点も目を注いで見なければならないようです.すなわち現在まで寒流というのが消費層が要すること(needs)と願うこと(wants)と不一致して来たということが問題に分析されます。
結果的に収益の極大化のためにスター身の代金や出演料をあげるより外国現地で一番球が良い商品を開発して自分のイメージを包装する方法を使うと韓流の維持はもちろん嫌韓類,反韓国類みたいな結果は現われないだろう。
(キム・ゼェヨン大衆文化専門記者)[著作権者(c) MBC
スポンサーサイト

うらやましい~!PageTop写真集「太陽」テヤン

Comment

Commentの投稿


 管理人だけに表示する

TrackBack

http://withseungheon.blog68.fc2.com/tb.php/294-c371e1d9

プロフィール

bokbok

Author:bokbok
song seungheon

 

New JOFC
SEUNG HEON LINK
ブロとも申請フォーム
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ALL SEUHG HEON
最近の記事
最近のコメント
トモブロ リンク
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

管理者
ブログ内検索

別館♪

視聴覚室を設けました。

パスワードが必要です。
必要な方はメールフォームにてご連絡下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。