スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「人間中毒 」

tc_search_naver_jp 1

最近、映画「人間中毒」の記事がよくアップされてます。
-人間中毒」かつてない破格的なベッドシーン…どのように誕生したのか-
いったいどんなベッドシーンなのか??  よくわからないな~?! 映画「人間中毒」(監督:キム・デウ、制作:アイアンパッケージ)に登場する破格的なベッドシーンに対する裏話が公開された。

「人間中毒」はベトナム戦争が終盤に差し掛かった1969年、厳格な位階秩序と上下関係が存在する軍官舎の中で起こる男女の秘密に包まれた大胆なラブストーリーを描いた作品だ。これに先立ち、破格的な予告ポスターを公開してネット上を熱く盛り上げた「人間中毒」は、これまでの韓国映画では見ることができなかった繊細な感情が感じられる新しいベッドシーンを披露する予定で、さらに期待を集めている。

エリート軍人で、部下の妻と恋に落ちた男キム・ジンピョン(ソン・スンホン)と言えない秘密を持つ部下の妻チョン・ガフン(イム・ジヨン)はお互いに対する抑えきれない感情を濃度の濃いベッドシーンを通じて表出する。

このため、破格的な19禁演技にチャレンジするソン・スンホンのイメージ変身と新人らしくない大胆さをアピールしたイム・ジヨンの熱演が人々を驚かせたという。このように美しくて激情的なベッドシーンには、俳優だけでなく、韓国トップクラスの制作陣の努力も隠れていた。

「ザ・テラー・ライブ」でスタイリッシュなカメラワークを誇ったピョン・ボンソン撮影監督は「ほかの映画のベッドシーンとは少し違う風に表現したかった。また俳優たちが状況の制約を受けないでほしかった。最大限俳優たちがカメラを意識しない状態で一緒に呼吸するような感じで撮影しようと努力した」と明かした。

ソン・ヒョンソク照明監督も「『人間中毒』だけの濃密な画面に仕上げるため、コントラストの対比や色感に力を入れた。今は使われていない、60年代に主に使われた色感を使うことに努力した」と伝えた。

特にソン・ヒョンソク照明監督は「人間中毒」でしか見ることができない、ジンピョンの狭い軍用車の中で繰り広げられた強烈な初めてのベッドシーンを一番記憶に残るシーンとして選び、視線を引き付けた。彼はこのシーンのために車の内部セットを特別制作し、にわか雨が降る夏のべたつく空気の中で二人の男女の初恋のような感情をカメラにおさめようとした制作陣の努力を伝えた。

「私のオオカミ少年」「スカーレットレター」を手がけたキム・ジス美術監督は「普通のベッドシーンはセットが狭いので片方の壁を取って撮影をするが、今回は最初から四方の壁と天井がある状態でも円滑に撮影ができるようにした。このため、キム・デウ監督にジンピョンとガフンの部屋を大きめにしたいと提案したが、喜んで受け入れてくれた。おかげで俳優たちが演技により集中することができた」と説明した。

「恋の罠-淫乱書生-」「春香秘伝 The Servant 房子伝」を演出したキム・デウ監督がメガホンを取った「人間中毒」は韓国で5月に公開される。
スポンサーサイト

スンホニ 秋山紗蘭ちゃんのファン!PageTop人間中毒 ポスター第2弾

Comment

Commentの投稿


 管理人だけに表示する

TrackBack

http://withseungheon.blog68.fc2.com/tb.php/1567-c7f339b3

プロフィール

bokbok

Author:bokbok
song seungheon

 

New JOFC
SEUNG HEON LINK
ブロとも申請フォーム
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ALL SEUHG HEON
最近の記事
最近のコメント
トモブロ リンク
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

管理者
ブログ内検索

別館♪

視聴覚室を設けました。

パスワードが必要です。
必要な方はメールフォームにてご連絡下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。