スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイプリンセス 第9話

h0901.jpg

祖父からヘヨンとユンジュは、結婚しなさいと言われる。しかし、ユンジュは結婚しないと宣言。
どうして結婚しないと言ったのか、ヘヨンはユンジュに尋ねるものの・・・
ヘヨンは、ユンジュが教授と恋人同士だったこと、自分がソルを守ってやりたいという
自分の気持ちを告白! h0902.jpg

ソルは、二人の結婚話にショックをうけ、カフェラテに悲しい顔を作る・・・
ヘヨンは、次の日の勉強会で、ソルの財産を公開する!と  
ソルは驚いてしまう~


h0903.jpg

ソルは、あわてて銀行に行く。たいした財産もない・・・そこにヘヨンがやって来る。
銀行を出ると幼馴染の役で、チユ・サンウクが特別出演  
ヘヨンは「正体が不明な外部人と事前許可なしに接触したら困ります」とソルに忠告!


h0904.jpg

ヘヨンは、ソルの母に会いに行く。ソルの養父の事件の事は自分が発表した事を誤る。
しかし、母は怒りがおさまらない。そこに、ソルがやって来て、ヘヨンに対する気持ちを言う
母には会えず がっかりして帰る・・・


h0905.jpg

記者発表会が開催されものの、会場に記者は全然いません・・たった3人
会長もその様子にがっかり~それは、ユンジュが仕組んだもよう(本当に意地悪だね~)
気落ちするソル。、気を取り直して用意したあいさつ文を発表!
「イ・ソルコンジュです。皇室財団の発足式にお越しいただきましてありがとうございます!
ヘヨンも記者がいない事を不思議に思い 、ボディガードにメモを渡す。


h0906.jpg

たくさんの記者をみて、椅子の上に立って拡声器をもってソルは演説をはじめました。


h0907.jpg

景福宮(キョンボックン)でコンジュのアルバイトをしていたのが私です。
皆さんが思っているようなコンジュでなくてごめんなさい・・(景福宮には行った事あるな~)
ただ、国民のみなさまに支持されるようなコンジュになりたいと思います
これから考えながら、努力して行きたいという思いを自分の言葉で言うソル!
思いがけず記者に好印象を与えます!(よかった。よかった)


h0908.jpg

ヘヨンは「今日の記者会見はよくやったな・・先生からのごほうびだ」と言って
ソルをお姫様だっこして部屋につれていって・・ちょっとラブラブモード♪
次の日、尚宮がソルに向って「アイドルですよ!」

h0909.jpg

記者会見の反応が思い!」と善徳女王のミシルのマネをするソル
(善徳女王、見ていたのでうける~~)そんなところにヘヨンが来る・・・
ヘヨンは、イ・ハンの墓参りに行く

h0910.jpg

教授とソルは明成皇后の遺品を捜している。
ユンジュは、ソルが育った孤児院に話を聞きに行った

h0911.jpg

ユンジュが「イ・ソルさんが持っていた赤い袋を知りませんか・・」と尋ねていると
ソルと教授が入ってきてユンジュを見てビックリ!


h0912.jpg


h0913.jpg
お酒を飲みながら、ソルとユンジュは 初恋対決に・・

h0914.jpg

ソルとユンジュが待っていると
ソルは「二人ともこないわ・・帰りましょう・・」
ユンジュは、「絶対に迎えにくるわ」と言うので待っていると
ヘヨンと教授が迎えに来た
ユンジュは二人に見せ付けるように、ヘヨンに抱きついた
(本当にユンジュの行動にはむかつくな~) 続く・・・
スポンサーサイト

マイプリンセス in 台湾 2PageTopマイプリンセス 第8話

Comment

Commentの投稿


 管理人だけに表示する

TrackBack

http://withseungheon.blog68.fc2.com/tb.php/1433-900865fd

プロフィール

bokbok

Author:bokbok
song seungheon

 

New JOFC
SEUNG HEON LINK
ブロとも申請フォーム
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ALL SEUHG HEON
最近の記事
最近のコメント
トモブロ リンク
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

管理者
ブログ内検索

別館♪

視聴覚室を設けました。

パスワードが必要です。
必要な方はメールフォームにてご連絡下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。